無料ブログはココログ

2007年3月22日 (木)

ACCESS VBAの辞書代わり

ACCESSには色々な機能が内蔵されており、大抵の事は、それらの元々の機能を駆使して組み合わせれば、出来ないことはないかと思います。

ただ、ユーザーが作った関数や、複雑な条件判定などをする場合には、VBAを組んでおいたほうが後々になって役に立ってくることもあると思います。

これをこうしたい、これらのデータの中からある特定のものだけを取り出して、さらにこう加工したい、とやりたいことがはっきりしているのに、VBAの組み方がわからないという場合に、重宝するのが下記の本です。以前に、ExcelVBAに使う辞書的な本を紹介しましたが、それと同じように事例形式で解説しているので、実際に組みながら傍らにおいておく本として最適だと思います。ただ、VBAを基本から順を追って学んでいく、という用途には向かないと思いますが。

表紙が、いたってシンプルなため、中身は文字ばっかりで重要な語句のみ太字表現かな、と思わせますが、実はオールカラーです。実際の画面も表示してあるので、わかりやすいと思います。

VBAにより、業務効率が増すかどうかは、ケースバイケースだと思いますが、面倒な作業やミスの多い作業などが改善する可能性は大きいと思います。VBAに挑戦する人が増えてくれることを祈ります。

超図解 AccessVBAハンドブック―Access 2000/2002/2003対応 Book 超図解 AccessVBAハンドブック―Access 2000/2002/2003対応

著者:C&R研究所
販売元:エクスメディア
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年3月19日 (月)

ACCESS技術力向上

Excelは、いつも使っているので当たり前のように使えるけど、Accessは、どうも取っ付きづらい、って思っている方は多いのではないでしょうか?

まぁ、私もその一人だったんですが、下記の本で考えが改まりました。

特に、ExcelVBAでフォームまで作っている人には、とても役に立つと思います。ExcelVBAでは、フォームにボタン等のコントロールを配置して、そこに連動するようにプログラムを書かなければいけないですが、Accessには、もともとある程度の機能がついているので、プログラムを組まなくても、かなりのことが出来てしまいます。

他にも、Excelでデータベース化している場合(vlookなんかを使っている場合)、データが多くなってしまうとスピードが出なくなりますけど、Accessは、データベースソフトですから、そういうことはないですね。

下記の本は、Excelがわかる人前提に解説しているので、Excel→Accessの移行を考えている人などにはお勧めです。

ExcelユーザーのためのAccess再入門 Book ExcelユーザーのためのAccess再入門

著者:瀬戸 遥
販売元:翔泳社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年8月31日 (木)

PDA

最近、PDAを買いました。スケジュール管理が難しくなってきたので、電子手帳が欲しいなぁ、と思っていたんですが、もう電子手帳なんて売ってないですよね(電子辞書はたくさん出ていましたが)。んで、PDAがその代わり、とわかったんですが、PDA自体も、かなり市場が小さくなっているというか、はっきり言ってしまえば、売ってないですね。秋葉原のPC系の大手量販店でも新品に関しては2、3台展示してあるだけという、なんとも寂しいコーナーになっていました。
当然、新品で売っている何万円もするようなものは買えないので、中古になるわけですが、中古は結構あったんですよね~。色々迷った結果、初めて買うPDAで買ってもわからないので、とりあえず店頭で見て良さげなのを買いました。CLIE PEG-NR70 というものなんですが、買う際にポイントを使ったため7千円を切りました。
正直なところ、その程度の値段なので、機能に関してはあんまり期待していなかったんですが、これが思ったより多機能で、動画も再生できるのは驚きでした(PDA詳しい人には、何言ってんだ、と言われそうですが)。
ただ、PDA市場が小さくなったのは、うなずける気がしますね。機能が中途半端なんですよね。ノートPCの方が当然性能は上ですし、同じような大きさで同じような機能であれば、携帯でいいですしね。
それで、買うときに店員さんが面白いことを言っていたんですが、昔はWordやExcelのファイルを見る機能がついていたそうなんですが、最近のPDAにはついていないそうです。理由はよくわからなかったんですが、使う側としては不満はありますよね。ちなみに、私が買ったものには、その機能はついてました。安いものの方が勝手がいいとは、これ如何に。

2006年8月21日 (月)

原因判明

長らく続いていたメインPCのトラブルですが、ようやく原因がわかりました。

XPの修復インストール後に起こったことなので、すべてOS関係だとばかり思っていたんですが、実はウィルスでした。恐らくOfficeドキュメントとzipやrar等の圧縮ファイルで起動ドライブにあったものは全滅です。う~ん、バックアップを取ってなかったものも多かったので、かなり厳しいかも・・・。

不幸中の幸いだったのは、家計簿のデータは、いつも使うファイルのほかに、自動的に他の場所にもバックアップを取ってありまして、その場所はドライブ自体が違うので無事でした。なかなか、フリーとはいえ優れたソフトですよ。

まぁ、壊れてしまったファイルは、もうどうしようも出来ないので、すっぱり諦める事にして、もう少しウィルス対策を頑丈にしようと思います。

今日の勉強

日商簿記1級 商簿・会計  固定資産演習

2006年8月20日 (日)

完璧には復旧できそうにないです

おととい以来、メインPCの復旧に努めていますが、残念ながら完璧には元には戻りそうもありません。

アプリのいくつかは起動できず、そのアプリを再インストールしても、やっぱり起動できなかったりします。一番痛いのは、フリーソフトの家計簿でして、今現在はシェアウェアになってしまったので、無料版はもう手に入らないんですよね。これは、さすがに乗り換えるしかなさそう・・・。

XPは、深刻な損傷が出づらいものの、出てしまうとかなり厳しいものがありますね~。9X系は、面倒ではあったものの、なんとか元に戻すことは出来たような気がします。OS他ソフトの部分は、ユーザーが扱いやすいように、かなり改良がされてきましたが、逆に、こういったコアな部分は難しくなっていくんでしょうか・・・。

2006年8月19日 (土)

いまだ修復中

昨日からメインPCが起動しなくなり、今日は朝から修復作業にかかりっきりでした。

まぁ、起動はするようになりましたが、結局修復インストールをすることになってしまい、故障前と勝手が違うようになってしまいました。とりあえず、windows updateをひたすら実行中。見たことないエラーが次々出て、本当に大変ですよ。自作PCの悪いところがモロに出てるような・・・。

2006年8月18日 (金)

メインPC起動せず

タイトルのとおり、パソコンが起動しなくなってしまいました。

いろいろ調べた結果、どうもboot.iniの記述が違うようだと判明。とりあえず、セーフモードでも何でもいいので起動すればいいんですが(ちなみに、OSはXPHomeです)、ともかくまったく起動しないです。

こういうこともあろうかと、FDの起動ディスクは作ってあったんですが、6枚のうちの最初の一枚が壊れており、これを使っての起動も不可。

仕方ないので明日、FDを買ってきて、サブPCで起動ディスクを作り、再トライしてみます。

それにしても、いきなりPCが壊れると、普段からこういう事態に備えなきゃいけなかったな、と思いますね。

教訓としては、

1.起動ディスクは用意しておく(FDDがあることはもちろん、予備のFDもほしいところですね。もうFDなんて使わないだろう、と思い、予備はみんな処分しちゃったんですよね)。

2.メインPCが起動しなくなった等の事態に備え、サブPCがあると尚可(これは難しいですけどね。ネットカフェじゃできないことも多いので、サブPCがあったほうがいいんですが。ちなみに、この記事はサブPCで書いてます)。

備えあれば、なんとやら。

みなさんも、お気をつけて。

2006年8月12日 (土)

無停電装置

今日は、税理士試験とちょっと離れた話をしようと思います。

今日の昼過ぎくらいに、地元で突発的な雷雨がありました。しかも、近くに落雷したらしく、電気が一瞬落ちてしまいました。・・・つまり、パソコンをやっていた私は、バックアップを取る暇もなく強制的に初期画面へ戻されてしまったわけです。

こういうことにならないために、無停電装置はあるんでしょうけど、実際このような一瞬の電源落ちというのは、パソコン暦かれこれ10年以上の私にとっても初めてのことですし、仕事で使っているパソコンというわけでもないので、実際にはそんなレアなケースのために無停電装置を買う気には、なかなかなれないです。というか、自主的に無停電装置を買ってきて付けている人って、いるんですかね?

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30