無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

会社設立時の資本金

よく、税理士法人などの立ち上げの際の資本金で900万円という数字を見かけます。
対して、他の会社の立ち上げでは資本金1000万円という数字を良く見ますね。
もちろんのことですが理由があります。
詳しく書くと煩雑になるので、簡潔に説明すると、資本金1000万円以上だと設立の一期目、二期目に消費税の納税義務が生じてしまいます。それを知っているがゆえに、わざわざ切りの良くない900万円という資本金で立ち上げているわけです。
消費税法を少しでもかじっていれば、当たり前のことなんですけど、あまり知られていないようですね。今後、会社の設立を考えている方は参考にしてみてください。

風邪気味です

思いっきり風邪気味です。

昨日、帰ってくるのが遅かったとはいえ、それほど体力的にきついスケジュールではなかったと思うんですが・・・。

ああ、学校の課題が出来ない。まぁ、今日はゆっくり休むことにします。

2007年3月30日 (金)

ある派遣会社での話

仕事がなかなか決まらず、派遣にも頼らざるを得なくなりそうな気がして、登録などしています。
その時に、ちょっと隣のブースから聞こえてきてしまった話。
前職の退職理由を聞かれたようですが、「自分が悪かったんだけど、社内で喧嘩して、解雇された」とのこと。・・・それは言う必要はないのでは?と思いました。断片的に聞こえた範囲では、スキルもそこそこ高そうなのに、もったいないですね。まぁ、カッとしやすさでは
私もそうそう引けをとらない自身があるので、反面教師として気をつけることにします。

2007年3月29日 (木)

仕事しながらの勉強

本当に、仕事どうしようか考えてます。

現在、転職活動中です。
この試験をやっている人で、受験専念の人って結構多いですが、私も出来ればそうしたいです。なんですけど、一人暮らしなので、どうしても働かねばならないわけで・・・。
他の人は、労働にはどの程度時間を割かれているのでしょう?一応、私は残業なし、生活を支えられる給与、通勤時間短く、ってことで探してますが、なかなか条件をクリアできるところに出会えず、ずるずると来ています。
まぁ、いずれは会社近くに転居、ということになるでしょうが。

2007年3月28日 (水)

これはしょうがないでしょう

昨日更新できなかったのは、ココログのメンテナンスのためでした。
こればかりは、どうしようもなかったですね。
それにしても、メンテナンスで24時間も管理ページへ入れないとは・・・。さすが無料サービス!う~ん、ライブドアあたりに引っ越しますかねぇ。
話題は変わって、やっと来たか、という話。
松下電器産業にてかなりの人数にて在宅勤務制度を導入するそうです。
私としては、もっと早く、いろいろな会社で導入されてもいいと思っていたんですけどね、既に、導入している会社でも、職種が限定されていたりするそうで、勤務形態の主流には、なりえていないようです。
しかし、会計財務税務の仕事は、まさにこういった勤務形態で働ける職種だと思うので、この流れがいろいろな会社で反映されてほしいと思います。やっぱり、通勤時間は無駄ですよね。片道1時間としても1日2時間、週5日勤務として10時間、月22日出勤として44時間。これだけの時間があれば、
1日1時間勉強に当てて、もう1時間を趣味やリラックスに当てる、ということも可能。そういう時代が早く来ないものですかね。

2007年3月26日 (月)

言うべきか言わざるべきか

今日は、ごく一部の人にはお得な情報を。

本当は、あんまり言いたくないんですけどね。

今日、消費税法上級クラス第12講を受けてきました。私はDVD通学生なので、受ける日も時間も選択できるのですが、今日は初めて朝の時間帯に行ってきました。

同じ科目同じ授業をDVDで受けている人はわかると思いますが、この12講は今日から受けることが出来ます。正確に言えば、今日の朝になって初めて受けることが出来るわけです。おそらく、他の授業でも月曜から受けることが出来る授業は、とても多いと思います。なので、月曜朝はDVDのブースは混んでいるのかと思いきや・・・、なんとガラガラでした。

私は、水道橋の駅から学校へ向かう途中で電話で予約を取るんですが(当日予約は平日のみ)、学校に着いたのが9時半ごろで、受付もガラガラで、さらに、メンバーズカードを出しただけで、さっき予約した人だ、ということが受付の人にもわかったらしく、とても、手続きがスムーズでした。まさか、そんなに人がいないとは・・・。

この分だと、他の曜日の朝も人はあんまりいないんじゃないでしょうか?

ただ、残念なのは、時間帯に限らず、相変わらずマナーの悪い受講生が多いことです。DVDのブースは自分一人だけのものじゃないし、他にも受講生がいるんだから、マナーが守れない人は本当に来てほしくないです。前にも書いたと思いますけど、かかとのなる靴を履いてこない(事務系の仕事してる人なら常識)、携帯で喋らない・いじらない、ヘッドフォンをフルボリュームで(又はヘッドフォンをはずして)、周りに騒音を巻き散らかさないなど、当たり前のことだと思うので、ほとんどの方は問題ないかと思いますが、当てはまる人は改善しましょう。

2007年3月25日 (日)

めずらしく映画の話

私は滅多に映画を見ません。見たいと思わないので、年に1本も見ないと思います。
ですが先日、かなり久しぶりに見たいなぁ、と思う映画が出てきまして見てきました。『ラストキング オブ スコットランド』という実在の独裁政治を敷いた大統領の主治医となってしまった男が、その魔の手をかいくぐり母国へ帰る、というストーリーなんですが、正直な
ところ期待はずれでした。あまり政治色が強くなかったのが残念。バイオレンスが過激だったのも、私はあんまり受け入れられませんでした。
もっと、政治や軍事色の強い映画ありませんかね?

2007年3月24日 (土)

またボクシングの話題

本日、ノンタイトル戦ですが、亀田興毅選手の試合がありましたね。

以下、ネタバレありです。

総合的に見て、いい試合でしたね。相手も世界ランクはそれほど高くなかったものの、強かったですしね。結果、判定にはなったものの、両選手とも最後までパンチが出ていたし、観客を飽きさせることはなかったと思います。次の試合も期待しています。

そういえば、観客の中に、K-1のプロデューサーが来てましたね。

・・・スカウトするんでしょうか?

2007年3月23日 (金)

粉飾決算2

以前、粉飾決算について書きましたが、その続きです。

側近の方の判決も一通り出ましたね。舞台となった企業にも罰金刑が課せられ、まずは一段落といったところでしょうか。

ここで気になるのは、量刑です。

やはり、側近の方は前社長より刑は軽くすんだようですね。ただ、税理士資格を持つ人のみは実刑となりました。控訴したようですが。

この事件は、税理士を目指すものにとって他人事では済みません。

もし、税理士資格を取得して、今回実刑となった人と同じような境遇に立たされたら、自分ならどうしただろう、と考えると、かなり怖いものがあります。

私も商法上の大会社にいて、財務や税務を見てきた経験があります。正直なところ、社長は全く財務面には無頓着で、もし、粉飾していたとしても、絶対に気づかないだろうことは容易に想像できます。では、そのような場合で粉飾していたとしても、やはり社長は一番重たい刑を受けるのでしょうか?そして、全てを知っていた社員である私は、刑は受けないのでしょうか?

実務に携わっており、決算整理などをしていると、これで本当にいいのかな、とか、本当はこれではまずいのではないか、と思うことは時々あります。意図して数字を法令を逸脱して都合のいいように変えることはありませんが、監査や連結に間に合わず、結果として合っているかどうかわからない数字を強引に出してしまうケースは、私の経験上、全く無かったとは言えません。その後の監査もすり抜けてしまい、そのまま総会決議されてしまったのは、私の中では未だに、それでよかったのかどうか、はっきりした答えは出ていません。

そう考えると、この仕事も一寸先は闇ですね。会計事務所や税理士事務所勤務の方は、それほど神経を使うところではないかもしれません。顧問先の一企業にそれほど目を配れないでしょうから。しかし、一般企業に勤めてる方で、経理財務を担当していれば、粉飾は気づかないわけがないですし、自分の担当した決算整理ミスも当然わかるでしょう。多少のミスは仕方ない、でも、大きな数字のズレは見過ごせない。その線引きをどうするのか、永遠のテーマかもしれません。

2007年3月22日 (木)

ACCESS VBAの辞書代わり

ACCESSには色々な機能が内蔵されており、大抵の事は、それらの元々の機能を駆使して組み合わせれば、出来ないことはないかと思います。

ただ、ユーザーが作った関数や、複雑な条件判定などをする場合には、VBAを組んでおいたほうが後々になって役に立ってくることもあると思います。

これをこうしたい、これらのデータの中からある特定のものだけを取り出して、さらにこう加工したい、とやりたいことがはっきりしているのに、VBAの組み方がわからないという場合に、重宝するのが下記の本です。以前に、ExcelVBAに使う辞書的な本を紹介しましたが、それと同じように事例形式で解説しているので、実際に組みながら傍らにおいておく本として最適だと思います。ただ、VBAを基本から順を追って学んでいく、という用途には向かないと思いますが。

表紙が、いたってシンプルなため、中身は文字ばっかりで重要な語句のみ太字表現かな、と思わせますが、実はオールカラーです。実際の画面も表示してあるので、わかりやすいと思います。

VBAにより、業務効率が増すかどうかは、ケースバイケースだと思いますが、面倒な作業やミスの多い作業などが改善する可能性は大きいと思います。VBAに挑戦する人が増えてくれることを祈ります。

超図解 AccessVBAハンドブック―Access 2000/2002/2003対応 Book 超図解 AccessVBAハンドブック―Access 2000/2002/2003対応

著者:C&R研究所
販売元:エクスメディア
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年3月21日 (水)

ボクシングタイトルマッチ

先日、日本人選手のタイトルマッチがありました。
おそらく、誰もが相手陣営に文句を言いたいことでしょう。
明らかな体重オーバーについて。
どんな世界でもそうですが、一定のルールに基づいて全ては決まっているわけです。故意に体重をオーバーしたことから考えると、会計で言うところの粉飾、税務で言うところの虚偽申告といったところでしょうか。
やっぱり、許せないですね。
そんな中でも、きっちり勝った坂田選手には、もう賞賛の言葉もありません。同年代の人がこうして頑張っているのを見ると、自分も頑張らなきゃいけないなぁ、と思いますね。

2007年3月20日 (火)

第二回定例試験

昨日、消費税法上級第二回定例試験を受けてしました。
ネタバレもあるため、同じ試験を受ける人は、以下の文章は、受けてから読んでください。
まずは、理論。
とりあえず、書くべきところは全て合ってるものの、やっぱり時間が足りなかったです。
かなり、計算は速くなったので、その分、理論に時間を裂いているつもりなんですが、全く書き切るまで行かなかったですね。
そして、計算。
ミスしたのは、中間納付の部分で"前々期"というのを前期のつもりで計算してしまったことと、単純に電卓打ちミス。それ以外は合っているので、課税売上割合も、仮計も全て正解。
う~ん、ケアレスはどうしても出ちゃいますね。こればっかりは、どうしても治りません。
まぁ、まずまずといったところでしょうか。やっぱり課題は理論ですね。本当によく読まないと、とんでもない解答をしそうで怖いです。書くスピードもなかなか上がらないですしねぇ。

2007年3月19日 (月)

ACCESS技術力向上

Excelは、いつも使っているので当たり前のように使えるけど、Accessは、どうも取っ付きづらい、って思っている方は多いのではないでしょうか?

まぁ、私もその一人だったんですが、下記の本で考えが改まりました。

特に、ExcelVBAでフォームまで作っている人には、とても役に立つと思います。ExcelVBAでは、フォームにボタン等のコントロールを配置して、そこに連動するようにプログラムを書かなければいけないですが、Accessには、もともとある程度の機能がついているので、プログラムを組まなくても、かなりのことが出来てしまいます。

他にも、Excelでデータベース化している場合(vlookなんかを使っている場合)、データが多くなってしまうとスピードが出なくなりますけど、Accessは、データベースソフトですから、そういうことはないですね。

下記の本は、Excelがわかる人前提に解説しているので、Excel→Accessの移行を考えている人などにはお勧めです。

ExcelユーザーのためのAccess再入門 Book ExcelユーザーのためのAccess再入門

著者:瀬戸 遥
販売元:翔泳社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年3月18日 (日)

粉飾決算

粉飾決算は重大な犯罪です。そのことを前提として。

某前社長の地裁での判断は実刑ということで、毎日騒がれていますが、私は率直に驚きました。それは、刑の重さにです。実刑なのは本当に意外でしたね。

自己株の売却益は財表受けた人なら誰でもわかるとおり、資本取引ですので、P/Lには出ませんよね。でも、これは資本金は株主から預かったもの、という基本的な考え方が出来る人ならわかることですが、一般の人にどこまでわかることでしょうか?ましてや、自己株に関する取り扱いは、当時変わったばかりだったことも考えると、他の意図もあったのではないかと憶測してしまいます。

他の方の判決も、もうすぐ出るようなので、そこに注目ですね。

2007年3月16日 (金)

覚えづらい

今週の消費税の理論の課題は、課税標準と課税期間特例選択です。

ここの理論は、覚えづらいですね~。なんか捕らえづらくて。特に課税期間特例選択・変更の部分は、一月期間が出来てから、ますます面倒に・・・。原則→三月+不適用だけだったのが、原則→三月、原則→一月、三月→一月、一月→三月とそれぞれ不適用。中間納付もそうですが、一月って要りますかね?もちろん、消費税は間接税ですから、事業者にとっては預かり金ですけど、納税の負担だけ増やしてるような気がしてなりません。輸出業者とかにとっては、喜ばしいことなんでしょうけど、そうすると課税の公平性って・・・。

2007年3月15日 (木)

復活

長らく更新を休止しておりましたが、徐々に復帰しようかと思っています。

もう、いろいろなことがあり、まったく手の回らない状況だったので、やむを得ず更新していなかったんですが、時間は取れるようになってきたので、少しずつ書いていこうかと。

まずは、去年の税理士試験の結果ですが、消費税法のみ受験でB判定という散々な結果でした。う~ん、原因は勉強する時間がなかった、としか言えないんですが、ここ数年で最低の結果でしたね。今年は、取りこぼせないです。

当面は、O原消費上級DVDを週一で受け、相続税法は断念、ということでやっていきます。とはいえ、来年につなげたいので、出来れば相続は計算だけでもやりたいかなぁ、と思っています。なかなか手が回りませんが。

まずは、こんなところです。

« 2006年10月 | トップページ | 2007年4月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30